サイトバナー

プロフィール

Author:山茶花
FC2ブログへようこそ!
MMORPG「ラペルズ」をプレイしている山茶花と言います^^
元GrandChariotのメンバー
現在は「始まりのギルド」のギルドマスターをさせていただいております

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ~

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

Author:山茶花
FC2ブログへようこそ!
MMORPG「ラペルズ」をプレイしている山茶花と言います^^
元GrandChariotのメンバー
現在は「始まりのギルド」のギルドマスターをさせていただいております

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ~

合計訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

坑道1CG VS GrandChariot 2012/09/29(土)

2012-09-30

坑道1のCGをやってまいりました~ 結果は・・・・


感想としては、

~悪かった点、問題だと思った点~
・Lv差による補正が思ったよりもひどかった。低lvで楽しむためには、全員同じぐらいのLvじゃないと無理かも。+-20lvの範囲内ぐらい


・R7ペット可!にしたら、ペット職無双になってしまったので、ルールを
もうちょい考えないといけなかった。


・CGチャット設定に困ってる人が多かったので、それについても先に説明しておいたほうがよかった。


・場所の報告などの時、場所の名前が伝わりづらいということがあった。MAPを加工した写真などを用意しておくとわかりやすかったか。


~いい点、気付けた点~
・アサシンうざすぎる!魔導師さん、狩人さんいないとダメだこれ―


・最初はぎこちなかったギルメン達も、最後のほうはなんやかんやで楽しめてたところ。
CG慣れとしては、まずまずの第一歩か。


・いまのLvだと攻撃当たらなかったりで悔しい!というギルメン達がLvあげようかな~ という方向に向かったところ。くくく、計画通り・・・・


・CG時にある「ラグ」が今回はほとんど感じられなかった点。チャットを見る限り双方とも普通に動けてたらしい。人数が少なかったからか?



基本的なLv差がある以上、補正もあり、ほとんどのプレイヤーのLvが揃い始めるR7付近でないとCGを十二分に楽しむことは出来ないのかもしれません。

もうちょっとLv帯が上がってから、CGの勝負に挑みましょうかね!


動画1、CG動画その1


動画2、CG動画その2


動画3、CG動画その3


関係者より排除要望がありましたら、ただちに削除しますのでご了承ください。


~おまけ~
早くもR7に到達した、雪さん、ダーちゃん
お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!





スポンサーサイト

ギルドイベント コメント: 0 トラックバック: 0

失明、スタン等の上位Lv優先法則

2012-09-29

さて、最近はネタなブログしか書いてませんでしたので、今回はちょっと真面目っぽく見せかけた内容で書いていこうと思います。


以前の記事に失明やスタンを連携させてダメージを減らす方法についてを記しました。


ですが、なぜ?スタン→失明といった風に別種のデバフに繋ぐの?? と疑問に思った方もいらっしゃると思います。


それについて、今回は書いていきますね。


実はスタンや失明を、同種のデバフで繋げる際「スキルLvの高いものを優先する」という特性があるのです。
効果時間の長さに関係ないのがミソとなります。


例)ダークストーカーのスキル・・・ブラインドダストLv9(数秒失明付与)
白馬のスキル・・・フラッシュスキルLv15(6sほど失明付与+ダメージ)
での、連携の場合


○繋がる・・ブラインドダストLv9→フラッシュショックLv15 

×繋がらない(連携の繋ぎでレジスト発生)・・・フラッシュショックLv15→(レジスト!)ブラインドダストLv9


といった風になるのです。ですので、PTなどでは他の職の方の失明などに繋げる際はスキルlvがわからない以上、失明→スタンのように別種デバフで繋げるほうがよいのです。


また、この法則は呪術師の「雷電運用術」(通常攻撃時、一定確率でスタン付与)やレンジャーの「サンダーボルトアロー」(通常攻撃時、追加ダメージ+一定確率でスタン付与)にも適用されます。


例を実際に行ってみた動画を、以下に載せます。



動画1、失明、スタンでのスキルlv優先法則




ラペルズ検証 コメント: 0 トラックバック: 0

2012/09/29(土)坑道1シ―ジ VS GrandChariot 戦 直前

2012-09-29

休日には昼寝はかかせませんね。今もちょうど3時間ぐらい寝た後で、半額で買えたミスタードーナッツで頭を目覚めさせてます。


どうも、こんばんは。


さて、先週の空き巣CGで坑道1のダンジョンオーナーとなった「始まりのギルド」。
ダンジョンオーナーになってからは、坑道1でギルハン、ギルハン!やらせてもらいました。ワープってイイね!


その坑道1へ今週はGrandChariotさんが攻めに来てくれているそうです。どうしてこうなったー/(^o^)\


片や初心者さん支援型ギルド、片や老舗大型ギルド・・・戦力差があまりにもありますので変則ルールで楽しむことに合意いたしました。ドウナルコトヤラー


GrandChariotさんが攻めた理由としては、
・最近 CG出来てなかったし、やりたいよね!
・山ちゃんが作ったギルドがダンジョンオーナー? 攻めるしかないな
・交流戦として、やってみたい

などのようです。ゆえに、今回のダンジョンシ―ジは交流イベント戦として楽しもう!を目標にしています


ダンジョンオーナー権限があると、CGが土曜日になることもあってか、もし勝ってもGrandChariotさんとしては今はないほうがイイとのこと。


そのため変則ルールに「防衛側の最終防衛地点はダンジョンコア、攻撃側の最終防衛地点は55魚」という風に取り決めしてあり、攻撃側の55魚制御を奪取された時点で攻撃側の敗北、その後攻撃側がダンジョンコアを破壊して攻守交替でシ―ジをまたやる、という形式をとっております。

イメージとしては、サッカーのような形式ですかね。点を入れたらボール権を渡して(攻守交代して)再開です。攻撃側の自軍ゴールが55魚制御、防衛側の自軍ゴールがダンジョンコアに当たります。


CGを楽しむためにフルシ―ジを予定していますが、途中参加、途中脱退はプレイヤーさん各自の予定などありますから可能となっております。


そのほかにもルール取り決めはありますが、今回のシ―ジが楽しいものになることを願います。

ギルドイベント コメント: 2 トラックバック: 0

スイカ頭の素晴らしさ

2012-09-28

最近、辛い食べ物にハマっていて、辛いラーメンのスープを使って雑炊にすると結構おいしいことに気がつきました。

どうも、こんにちは。


さて、今回は予告通り「スイカ頭の素晴らしさ」についてご紹介という名の布教をさせていただきます。


ラペルズには普通の装備と別枠で、「装飾アイテム」というのが各部位に装備できるようになっております。

表(?)1、装飾部位一覧
 装飾ヘルム
 装飾アーマー
 装飾グローブ
 装飾ブーツ
 装飾武器・盾
 装飾マント
 装飾ショルダー

その中で、装飾ヘルムに当たるのが、そう!我らがスイカ頭です!


正式名称は「スイカのジャコランタン」というアイテムでして、これを装備すると頭部がスイカ頭のグラフィックに変わります。画像で撮ると、こんな感じです。

rappelz_screen_2012Sep28_17-13-45_00000000.jpg

図1、スイカ頭のイケメン


イカス!チョーイカス!(死語)スイカという文字を並べ変えても・・・イカス!


ここまでくると、スイカ頭を際立たせるために他の装飾アイテムがある、といっても過言ではないですね。


これを私は全部のキャラクターに持たせることが一つの目標となってます。今は3つ・・・しか集まってないですね。全然足らない><



以下、具体的なスイカ頭の効能を書き連ねます
・Lv1から装備でき、 攻撃力 : +1% 魔法攻撃力 : +1%
・ダンジョンシージで目立つ。なにあの人、かっこいい!
・フィールドで目立つ。なにあの人、かっこいい!
・町で目立つ。なにあの人、超かっこいい!


どうでしょう?スイカ頭の素晴らしさが存分に伝わったと思います。今日から貴方もスイカ頭デビュー!


~おまけ~


動画1、スイカ頭プロモーションビデオ







未分類 コメント: 4 トラックバック: 0

リンクさせていただいたブログ Part2

2012-09-26

更にリンクさせていただいたブログが増えましたので、ご紹介!

フェルミオン自沈!
ギルド「GrandChariot」メンバーのフェルミオンさんのブログです。
メインはギルガメッシュのプレイヤーさん。GrandChariotはWD持ちが多くて私の肩身が狭いわ・・・
最近始めたブログだそうで、ラペルズでの風景紹介や、ギルハンなどなどについて書かれております。
GrandChariotのギルドHP作ったのもフェルミオンさんです。
すご―!私なんてやっと、リンクの作り方覚えたばかりなのに・・


What's UP?
ギルド「Angel&Devil」メンバーの赤空さんのブログです。
メインは弓主のプレイヤーさん。この方の装備や立ち回りを真似する方が多くカリスマ(?)的存在の様です。
もっぱら、GrandChariotで赤空さんの真似した弓主さん達の対人用サンドバックとして私が大活躍してました~
チョー痛いんですけど/(^o^)\ヤメテ―
ブログには行われたCGについてや大型アップデートについての個人予想や、こうするといいな!というようなお得情報がぎっしり詰められてます。
フィールドでは辻バフ出来る獲物だ!と思ってたら、放置と見せかけてキッチリINしてる模様・・「ばふあり!」 「バレテター」は恒例の儀式。いつなら本当に放置してるんだ・・


ブログ始めて思ったんですが、ブログを見てるとは思ってなかった方達からゲーム内でササヤキとかもらってビビりまくりです・・・・こんなブログですが、これからもよろしくお願いいたします!


~次回予告~
スイカ頭の素晴らしさについて ~coming soon~

リンク先ご案内 コメント: 0 トラックバック: 0

今までやってきた職業についての感想

2012-09-26

他のキャラを使うきっかけを書きましたので、その流れで今まで使ってきた職業についてのPTでの感想を今回の記事につらつら書いていきます。

職業は2次職での感想ですので、1次職の感想、マスタークラスの感想について期待された方はすいません><
(Ⅰ)アサシン
(Ⅱ)魔導師
(Ⅲ)狩人
(Ⅳ)バトルサマナー
(Ⅴ)重戦士
(Ⅵ)メイジ


(Ⅰ)アサシン
長所:
器用、なんでも出来るところ。サブ壁よし、火力よし、リンク処理よし、被ダメ軽減のデバフよし、釣りよし。装備強化次第で壁も出来る・・・・かなりきついけど!

短所:
器用貧乏なところ。リンク処理や、被ダメ軽減のデバフなど一通りそろっているけど、クールタイムの関係で行い続けることは厳しい。また、ヘイトアップ攻撃もないので壁としては純粋に火力を上げるしかない。

まとめ:
PTなどではサブ壁兼サポート火力としての参加がベストか。釣り役のときも、失明スキルやスタンスキルを撃ったりしてフォローすると被ダメ軽減に貢献できる。



(Ⅱ)魔導師
長所:
サポートスキルに優れているところ。呪の固有バフと、足止めの豊富さ、回復も出来る。個性豊かなスキルが多いのも面白い。

短所:
火力を出すのが難しく、また回復役としてクレの代わりになるのも厳しいところ。
火力についてはスキルの少なさ、クールタイムの長さから、通常攻撃でダメージを稼ぐしかない。
回復については、連発出来るのが持続回復スキル1種なので、クレリックの「ヒーリング」、「ラピッドヒーリング」にあたるスキルがないのがネック。

まとめ:
PTなどでは足止めのエキスパート+回復補助としての立ち位置がベストのよう。
豊富なデバフを駆使して相手を阻害し、固有バフなどで味方の補助をしていくと他職とは一風変わった面白さが見えてくる。



(Ⅲ)狩人
長所:
長距離射程と高火力に加え、優秀な足止め、弱体化スキルも持つこと。
驚異的な射程、スキルダメージの重さから、連携次第では敵を寄せ付けないでダメージを与えることができる。
また優秀な足止め、弱体化スキルである「罠」系統が使えるのがさらに狩人を魅力的にしている。
「狩人」、その名にふさわしいプレイが出来る。

短所:
高火力がアダとなる、また罠スキルの使い方の特殊性。
高火力により、PTなどでは注意しないと壁役さんからタゲ(敵からのターゲット)を奪ってしまうことがままにある。狩人自身はそこまで防御力、HPに秀でているわけではないので攻撃を受けると脆い部分が
罠スキルは、設置した場所を相手が通ることによって発動するのでリンク処理の際には、敵に近づいて→設置という2ステップのせいで足止めがワンテンポ遅れることも。それによって他のナイトメアや、封印などの足止めを破ってしまうこともある。


まとめ:
PTなどではサブ壁兼 最終足止め要員として動くのがよい。
長射程を生かしての釣りも出来るが、タゲがはがれにくいので釣りとしては難しいところもある。
壁役として活躍するには、ヘイトアップスキルがないこと(挑発は信用できない)、スキルのクールタイムが短くないこと、MPがそこまで多くないこと、そこまで硬くないことが問題となり、厳しい部分も。



(Ⅳ)バトルサマナー
長所:
足止め出来る、釣りもできる、その上いるだけでペットにトグルバフ効果を与えられるところ。
ナイトメアでの足止め、詠唱キャンセルでの釣り、釣り中でもペット職なのでペットで火力貢献しやすいなど、
釣りにとっても向いている。オーラ系統を覚えると移動しつつも、ペットにトグルバフ効果を与えられるので更に釣り役として磨きがかかる。
また、本体のHPを上げるスキルもあるのである程度の硬さにもすることが可能である。

短所:
ペットの回復スキルが少ないことと、MP管理が難しい部分、また釣り中の同時召喚タイミングが難しいところ。
オーラ系統などのスキルを発動している状態だと、本体のMPがどんどん減っていくのでMP管理がシビア。
スキルカード強化などで緩和できるが、元々がキツイのは変わらない。
釣りをしている際に、同時召喚をやり直すことになるので、慣れるまでは釣りと同時召喚のタイミングを合わせづらいことが多い。


まとめ:
PTなどでは、MPに気をつけながら、本体で釣り、ペットで火力貢献が吉。
詠唱キャンセルでの釣りはファイアーボールか、コラプション、ライフリーチがおススメ。射程が長い。
ナイトメアを用いての、3rd足止めぐらいを担当することもあるので、魔力よりも魔法命中について気をつけておくのが望ましい。



(Ⅴ)重戦士
長所:
これが火力だよ!というコンセプト。
瞬間火力の高さと中距離射程スキルの豊富さ、武器換装での戦法の多彩さ。
スキル連打による瞬間火力の高さ、中間射程距離スキルの豊富さとクールタイムの短さが何より魅力的。
武器換装での、足止めや釣りなども行える部分など。
HP、防御力の高さから壁、サブ壁としても優秀。

短所:
気功充電と、ヘイトスキルの少なさ。また、足止めスキルがほぼないこと(範囲スタン、スタンはあるが3秒ほど)
気功充電は慣れないと、いつの間にか使いきってしまってスキルが使えない場面も多い。充電する癖をつけることが必要となる。
ヘイトスキルが少ないので、火力で一気にヘイトを稼ぐことになる。
足止めスキルがないので、リンク処理などは他の職に任せるしかない。

まとめ:
PTなどでは壁、サブ壁役として駆け回ろう。
スキルタイミングによっては容易にタゲを奪うことが出来てしまうので、場面を見てスキルを使っていこう。
範囲攻撃が強力だが、足止めを破ってしまう可能性もあるので共有ヘイト稼ぎ以外では使用を控えていこう。



(Ⅵ)メイジ
長所:
回復:補助=7:3の素敵な割合。
バフ、回復、足止め、弱体化と4拍子揃っている。
バフ、回復は共に射程が全スキルの中で最長、PTからの立ち位置の自由度が高い。
足止めは、封印1種、移動停止、速度低下2種、範囲封印1種となかなかの数。詠唱時間も短いものが多い。
弱体化は、アシッドスプレー、アイススピアが優秀。


短所:
MP量がそこまで多くないこと、範囲回復スキルを持たないこと。
MP量がそこまで多くないので、高lvスキルの連発は禁物。
範囲回復スキルがないので、緊急時の対処は範囲封印などで相手を阻害するアプローチがよい。


まとめ:
回復と足止め、弱体化をメインに、火力参加は後回しにするとよい。
MP量がそこまで高くないので、基本的にスキル使用はLv1~Lv3、4ぐらいに抑え、高Lvは緊急時用にショートカットにいれておくと便利。
PTが崩れそうになったりなどの緊急事態の時にスノ―スライドや、ル―フフォールを使えるように普段からスキルに慣れておくと行動が速くできる。



こんな感じですね~。どの職も面白いですので、今度やってみてはいかがでしょう?





ラペルズ コメント: 2 トラックバック: 0

様々なキャラクターを使うきっかけ

2012-09-26

22時頃、帰宅した私を待ってたのは「ソーラン節ダイエット!」でした・・・・妹と一緒にソーランソーランと屋内で踊ってましたよ。どうしてこうなったっ


みなさん、こんばんは。


他の職業のキャラクターを作るきっかけですが、ラペルズをプレイしている中で、だんだんと このように思うことが増えてきたんですよね。


「釣りだけじゃなくて、火力とか補助もやってみたいな~」と


ちょっとここから話長くなりますので、飛ばしちゃっても結構ですわ!


あらましをいいますと、


私のファーストキャラはアサシンでして、ちょうどLv120ぐらいになったときが裏ダンジョン実装初期でした。

それまで、アサシンといえば「火力ない、硬くない、回復できない、バフもない、それなら他の職入れるわ!」といった感じで、パルLvくらいから、PTでは枠がなーい/(^o^)\状態で干されまくり、もっぱら私はソロか、たまーに、本当にたまーにPT入れたらいいな!ぐらいの頻度でPTにいくようなプレイをし続けてました~


ソロたのしかったから、あんまり気にしてなかったんだけどね'`,、('∀`) '`,、 ソロっこ!ソロッこ!


そんなソロッこアサシンですが「裏PTで釣りしてみない?」と誘われホイホイついていって、裏釣り教えてもらいーの、ギルハンでも練習しーの、ギルハンで裏釣りといえば=山茶花! みたいな状況になっていったわけです


するとですね、裏釣りですから攻撃することもほとんどないんですよ。敵を釣ると経験値がはいる!これがラペルズ!?と思えるぐらいに~


どーしても、PTって職業に縛られてやることが決まることがありますよね。特に裏PTなどだと顕著に


ずーっと同じことやってると、た、たまにはうちも火力で!!補助で!! とかやってみたくなるんですよね(∀`*ゞ)テヘッ


私の場合はそれがきっかけで他の職をやるようになりました。


他にもダンジョンシ―ジで「アサシンでこれが出来れば!」とか歯がゆい思いをした部分もあったのも要因でしょう。


きっかけはそんな感じだったんですけど、他の職をやると今までわかってなかった部分がわかったりといろんな発見もありますね!封印の効果を知ったのが、その時だなんて・・口が裂けても言えないね~ 口チャック ・-・


そういう発見とか、面白い部分は特にLvに関係なく見つかるものですし、まったり他のキャラをやるのも私はイイと思います。

知り合いの方の15キャラとかはやり過ぎだと思いますけどね~、手を伸ばし過ぎない範囲でじっくり職業の面白さを味わうのもたまにはどうでしょう。


これも一つのラペルズの楽しみ方です

ラペルズ コメント: 0 トラックバック: 0

リンクさせていただいたブログ

2012-09-25

最近、「始まりのギルド」の方々もスイカ頭の素晴らしさに気付いたようで、布教が順調に進んでいるのが目に見え始めてきました。そろそろ「始まりのギルド」から「Suica Head」にギルド名を変える時期かな・・・


どうも、こんばんは。


このブログを始めてから、ラペルズWiki以外にも幾人かのプレイヤーさんのブログも許可をいただいて、リンクをさせていただきましたが、そういえば説明という、晒しあ・・・・ご紹介をしてなかったと気付きました。


ですので、今回はリンクさせていただいているブログについてこの場を借りてご紹介させていただきます。

寝落ちオンライン
ギルド「RedHot」のギルドマスター セルフィンさんのサイトです。
メインはウィザードさんとのことですが、一回も私は見たことがありません・・多分・・・幻のキャラクター。
更新頻度が高く、時折まじる真剣にネタに走る部分がとても楽しいサイトです。
リンク許可ついでになぜか私のサイトが晒されているという事態にはとてもびっくりしました。
いつか仕返してやるんだから!



Score of Rappelz
ギルド「Grand Chariot」メンバーのわたっこさんのブログです。
ビショップからマエストロに転職した経緯があり、転職した時期からのブログなのでマエストロについてかなり詳しく書いてあります。CGが大好きで、今ではマエストロのカリスマ的な存在(?)らしい・・・風の噂ですが
本人はギルチャをにぎわすムードメーカーさん、でも私に絡まなくてもいいですよ!



Log
ギルド「Rainbow Drop」メンバーのリプレさんのブログです。
メインは賢者のガンバリ屋さん、Lv160を超えてもPTに積極的に取り組んで日々いろんなことを考えてらっしゃいます。
う、うちの賢者と違う・・・
QDのリンクについてなど、色々勉強させてもらってたりとお世話になってるサイトです。
ご本人とは町ですれ違いざまに、辻バフバトルを繰り広げているライバル。でも、うちの賢者だと上書きできませ―ん/(^o^)\



リンク先ご案内 コメント: 4 トラックバック: 0

対人戦関係小ネタ~スキルの「ロック特性」と移動速度~

2012-09-24

スキルには詠唱を一旦始めたら、詠唱中に相手がスキル射程外に逃げても発動するという特性があります。


自分は「ロック特性」と勝手に呼んでますが、他に呼び名があるかもしれませんね。


mobには詠唱反応と呼ばれる性質があり、詠唱開始すると術者に対して攻撃を開始するために近付いてきます。


ですので、対mob戦では「ロック特性」を実感することが少ないです。


「ロック特性」を実感する、または活躍する場面は主に対人戦においてです。

逃げる相手に対して、詠唱を始めれさえすれば効果は発動しますからね。

ロック特性の検証動画をとりましたので、下に載せます。


動画1、スキルのロック特性検証動画


ソーサラ―さんの「ダークスパイラル」や、狩人さんの「鋼鉄の暴雨」などで、ロック特性は顕著に表れます。


この性質により、「どれだけ速くスキルの間合いに入れるか」が対人戦では有効だと私は考え、
賢者のスタイルを詠唱速度よりも、移動速度に傾けました。


Special Thanks シュバルツシルトさん、改め うし先生

ラペルズ検証 コメント: 2 トラックバック: 0

「始まりのギルド」初シ―ジ! in 坑道1

2012-09-23

先日のダンジョンシ―ジレイドアタックが成功したので、昨日 坑道1にてダンジョンシ―ジを行いました!


・・・相手いませんでしたけどね~


まともにダンジョンシ―ジやって、R7クラスが蠢く現在を生き抜ける可能性はゼロでしたのでシ―ジ体験として、楽しんできましたよ~


ですので、昨日ダンジョンシ―ジで行ったのは、ダンジョンシ―ジのルールや進行方法などについてです。


ダンジョンシ―ジって?という質問も多かったので概略を載せると


~ダンジョンシ―ジ、通称CGってなに?~
毎週金曜日~日曜日にかけて行われる、ギルドまたは連合同士のプレイヤー戦です。


ダンジョンでのレイドタイムアタックを最短タイムで成功させたギルドが、ダンジョンオーナーギルドに挑戦することが出来ます。

毎週1回の実施。

PT VS PT のような形式での対人戦で、戦力だけじゃなく戦略的要素もあるので先が読めない楽しさがあります。

ダンジョンごとに対戦時間が決まっており、最大で2時間の間行うことができます。

勝敗条件は、
①防衛側が攻撃側の結界石を破壊する。
②防衛側が時間いっぱいまでダンジョンコアを破壊されない。
の2つです。

攻撃側(挑戦者)が防衛側のダンジョンコアを攻撃し、破壊することで攻撃側→防衛側に、防衛側→攻撃側に入れ替わることができます。

~通常のプレイ時との違い~
~普通のラペルズプレイ時との違い~
①CG時のみ、「CGチャット」を使うことが可能になります。

②他の味方PTのメンバーを表示することができる。また、「復活の書」でのみ他のPTの味方を復活をさせることもできる。

③狩りなどで与える敵へのダメージと同じではなく、相手の防御力を計算した上での対人補正のかかったダメージしか与えられない。 
例)mobへ1万ダメージ→プレイヤーへ200ダメージ

④範囲回復スキルが他のPTに所属する味方にも効果を及ぼす。(範囲内であれば)


⑤リロード、ccすると、スタート地点に戻る。攻撃側なら結界石地点、防御側ならダンジョンコア地点に戻る。

etc・・・

詳しくは、ゲーム中のヘルプやラペルズWikiを参照してください!

ということです、詳しく書くと長いので省略!概略だしねっ


違いはこれぐらいですが、違いがない部分で対人に深くかかわってくるのが、「Lv差による補正」です。


フィールドで狩りをしているとわかりますが、Lvが自分よりずっと高い敵に攻撃を当てることが難しく、低い敵だと、低い敵の攻撃が避けやすくなるのを感じていると思います。


これがプレイヤー VS プレイヤーにも適用されます。


例を挙げると、Lv78の重戦士がLv160のプレイヤーを攻撃しても攻撃はほとんど当たらない、ということが起きるのです。


これゆえに、ダンジョンシ―ジを楽しみたい!という理由から、高Lvを目指すプレイヤーも少なくありません。


検証動画と、ダンジョンシ―ジ体験動画を下に載せておきますので、どうぞご覧ください。



動画1、攻撃がスカカカ!動画


動画2、2012/09/22(土)始まりのギルド 初シ―ジ in 坑道1


動画2はネットカフェでとることになってしまい、少々カクカクしています。ご了承くださいませ



ギルドイベント コメント: 0 トラックバック: 0

スキル予約と、手動スキル発動

2012-09-22

ラペルズでは、スキル詠唱中に別のスキル、又は同じスキルを押しておくとスキルの発生予約が出来ます。

例)バトルサマナーでファイアアローを3回連打 → その後何もしないでも、ファイアアローが3回実行される


これを利用して、チャットをうつ時間を稼いだりするといったことや、突進技の移動部分をキャンセルしたりなどが出来ます。


ですが、どうやらスキル予約で発動するよりも手動でタイミングを見ながらスキルを発動するほうが、早くスキル発動が出来るようです。


以下に、それを比べるために撮った動画を載せます。



動画1、手動発動とスキル予約の比較

ラペルズ検証 コメント: 0 トラックバック: 0

キューブリックダンジョンギルハン 弓主にて in Grand Chariot

2012-09-22

マスタークラス専用ダンジョン「キューブリックダンジョン」、通称QDでのGrandChriotでのギルハン風景です。


IN率が増えてきたメンバーさん達で盛んにやっているようです。私は「始まりのギルド」で月光とか月光とか、月光とかいってたりしてましたが・・・


今回は職要望がありましたので弓主で参加してきました。
火力さんとしてだから、後ろでピュンピュンやってるだけですが~


今回も入口から、西側のボスを倒すルートを繰り返す「西巡回PT」です。


火力参加とのことでしたので、体力を軽視、クリ率、クリ力に寄せた装備構成で挑んでおります。
よい子は真似しちゃだめです。そのうちきっと、一人静かに沈んじゃいます・・・・

ペットは白馬で、失明による補助を主に担当していました。


動画1、弓主でQD その1


動画2、弓主でQD その2


動画3、弓主でQD その3


今使ってる動画ソフトがCtrl+F● で動作するので、Ctrlに割り当ててたスキルを手動で押してて、少し反応が遅かったり、うっかり押しちゃって動画が切れちゃってます。ご了承ください~


関係者より、排除要望がありましたら即座に消させていただきます。

狩人 コメント: 0 トラックバック: 0

なんちゃってダンジョンレイド成功!

2012-09-21

ダンジョンレイドや、シ―ジの体験とかも出来たらいいな~、と考えてたら


なんと今週は坑道1がガラ空きじゃありませんか!奥様!


23時頃にいきなりですが、「ダンジョンレイドやってみませんか~?」と声をかけて、INしてた7名ほどの方と共に坑道1へダンジョンレイド! 


Lv30の人もいましたが、死亡ペナルティないから思う存分沈んでください、楽しんでください!
などといいつつ、初レイドアタックスタート!


他にレイドしてたギルドの方もいましたが、41分・・・これは・・まさか!?そんな期待を胸に入口でバフをして


まずは、死神部屋へ!


ざこ は まかせてっ


と大口を叩いたのにもかかわらず、回復ヘイトであっさりはがされてましたハハハ。


死神討伐後、サソリ部屋へ~


この部屋では、サソリが強すぎる・・・というよりパソコンが重くなりすぎて動けなくなった人がチラホラ。


敵が多すぎてのPCクラッシュもイツモドオリデスネ。流石サソリさんです


なんとかサソリを倒して、タイムは9分09秒。


12時過ぎにドキドキしながら見に行ったところ、レイド通過してました~

動画1、坑道1レイドアタック
これにより、09/22(土)20:30~ 坑道1にて ダンジョンシ―ジを行います。
相手ギルドが不在ですので、ダンジョンシ―ジの基本的なルールを実際に体験する、といった内容になると思います。

「始まりのギルド」参加希望の方は20:00~ からダンジョンシ―ジPTの編成を行っていきますので、ホライズンのたまり場にて集合をお願いいたします。


ギルド掲示板にも、この連絡を書いておきますがこちらでも連絡させていただきました。

ギルドイベント コメント: 0 トラックバック: 0

~賢者~ 魔法抵抗特化スタイル

2012-09-20

Epic8での対人コンテンツの増加、火力を求めるばかりではない面白さの追求をしていこう


ということで、対人を重視した末の私の賢者のスタイルについて今回記載していきます。


スタイルコンセプトは「沈みたくない」です。

火力を出しても、弓主さんなどには遠く及ばないので、賢者の特徴である「デバフの豊富さ」を生かせるスタイルを求めた末に、「沈みたくない」スタイルを選びました。

バフなどの恩恵やリバフを行う側であることの必要性から、というのも要因です。

スタイルのデメリットとして、火力が皆無となっております。PTや対人では足止め専門+回復補助としてしか働けません。ま、いいか!


具体的にどのようなことを行ったかというと、次の通りです。

①ステータス面
魔法抵抗、HP、移動速度に重点をおいてあります。

②装備効果面
・R3レジェンド片手杖「ホワイドオブセリーナ」の被撃時一定確率で4sの失明を攻撃者に
・R7レジェンド魔法盾「名前忘れちゃった/(^o^)\」の被撃時一定確率で4sの封印を攻撃者に


これらによって、対人戦で沈みにくい賢者を目指しました。


ソウルストーン構成とベルトセットも一応書いておきますと、

・ソウルストーン構成
精神石を限界まで+体力石1つ+他は機敏石

・セット効果
アネッサセット(体力確保)


今回、GrandChariotのギルメンであるウィザードのPixyさんに協力してもらい、魔法抵抗特化でどこまではじくのか?という動画を撮ってみました。そのときの魔法抵抗は自己バフのみで 661でした。


動画1、サドンでドーンから死亡動画


動画2、ナイトメアなどのデバフ&MFA、MLB


動画3、ウィザードさんのFBの脅威


動画4,FA,LBでのスキル攻撃


動画5、ガチバトル~死なないだけの戦い~


魔法抵抗と相手の魔法命中との関係ですが、通常の攻撃スキルに絞ると


相手の魔法命中+100の魔法抵抗があれば、8割型レジスト出来るようです。


魔法命中のほうが魔法抵抗よりも上げやすいので、賢者のパッシブスキルとポテンシャルが魔法抵抗上昇のカギとなりそうです。

Special Thanks
Pixy・Type2さん ありがとう!



呪術師 コメント: 4 トラックバック: 0

キューブリックダンジョン、ダークストーカーにて  GrandChariotギルハン

2012-09-18

マスタークラス専用ダンジョン「キューブリックダンジョン」、通称QDでのGrandChriotでのギルハン風景です。


最近はメンバーのIN率が減っていたのですが、久しぶりに出来そうとのことで


火力さんとしてダークストーカーで参加してきました~、シュシュシュ気持ちいいね!


今回は入口から、西側のボスを倒すルートを繰り返す「西巡回PT」です。


火力参加とのことでしたので、攻撃速度とクリ率、クリ力に寄せた装備構成で挑んでおります。


西側のボス「アクシャ」らへんから、攻撃にミスが見られるようになってきたので途中、注視装備に付け替えている部分があります。



動画1、GrandChariot QDギルハン その1


関係者から排除要望がありましたら、直ちに排除いたしますのでご了承ください。

アサシン コメント: 0 トラックバック: 0

初心者支援型ギルドからの1つのターニングポイントか

2012-09-17

今日より、「始まりのギルド」の募集Lv上限を90Lvにまで引き上げました。

きっかけはLv60以上のプレイヤーさんから加入希望のウィスパーをいただいたことです。

かねてより、lv60以上のプレイヤーが増えてきた現状、このままでよいのかと感じてきた部分もありましたのでギルドの皆さんの意見をまとめたところ、「Lv上限を上げる」という結論になり、今回の結果に落ち着きました。

90Lvの意味合いですが、Lv80案とLv100案の2つが出たので、間を取ったから、というただそれだけの理由です。


変わったのはそれだけなんですが、一つ問題が・・・・


その問題とは、全体チャットでの募集時における文面です。


いつもどおりに募集するとすると文面が次のようになるのですが、


【初心者さん支援型ギルド「始まりのギルド」ではLv90以下の新規さんを募集しております。興味を持っていただけた方はお気軽にウィスパーください^^】


!?


!!?


Lv90以下の新規さんを募集していて・・・初心者さん支援??Lv90って新規さん??


なんかちぐはぐですよね。これが当面の問題です。


ですので、対策として 「初心者さん支援」を排除、「新規さん」を「メインプレイヤーさん」に交換した文面で募集することにいたしました。


初心者さん支援型ギルド、と名乗らない以上その当初の目的から外れることになるかもしれません。やることは変わらないのですけど。


私は「初心者さん支援型ギルド」は「補助輪」のようなものであると考えていました。そして今、その補助輪の役割も、もう果たされたということなのかな、としみじみしてました。


ログインする人の人数も、最盛期のGrandChariotに勝るとも劣らずといった具合にまで増え、ソロをする人、PT主体な人、いろんなキャラを楽しもうとする人と様々なプレイヤーさんが集まっています。


当初の予定を超えて、これからさらにどんなギルドになっていくのか、とても楽しみです。


私がメンバーとして所属しているGrandChariotに「始まりのギルド」としてダンジョンシ―ジで挑んだり、逆にGrandChariot側で挑まれるのも楽しそうです。

ラペルズ コメント: 0 トラックバック: 0

クレリック2次職 メイジ

2012-09-17

クレリックの2次職の一つであるメイジ。

クレリック時代との違いと、おススメオプション装備、おススメソウルストーンについて軽く記載しておきます。


~クレリックとの違い~
・回復スキル、バフ系統のLv上限が上がる。
・足止め系統のスキルが増える。
・MPに若干余裕が出来てくる。

~おススメデバフスキル~

ル―フフォール・・・対象に対して封印+ダメージ。封印は失敗することもある。詠唱が早く便利

フローズンスネア・・・対象に対して移動停止を付与。詠唱が少し長い。効果時間がスキルLvに比例する。

コールドボルト・・・対象に対して移動速度低下+ダメージ付与。ほぼ無詠唱かつ高ダメージ。射程も長い。

ランドスピア・・・クレリック時代からお世話になったであろう優秀なスタンスキル。効果時間が変わらないので使用するときはLv1で十分。


アイススピア・・・対象に対して攻撃速度低下+ダメージを付与。目に見えてダメージが減るのでクールタイム毎に使うことをおススメ。

アシッドスプレー・・・対象に対して、防御力低下を付与する。無詠唱、クールタイムが短い、効果時間が長い、防御力低下の効果が大きい!と、4拍子揃った優秀スキル。

スノ―スライド・・・たくさんのリンクが起きた時など、カオス対策の切り札。ターゲットした敵の周囲を巻き込む範囲スキル。ダメージと封印効果を範囲内の敵に対して付与する。封印の成功率は高いが、クールタイムが長い



~おススメ足止め連携~

①ルーフフォール(封印)→フローズンスネア(移動停止)→アシッドスワンプ(移動速度低下)→コールドボルト(移動速度低下)
!ポイント:詠唱時間も考えて足止めを繋げていくこと
用途;長時間の対象足止め用。クールタイムの関係で最後までつなげられるのは稀でしょう。

動画1、足止め連携①

②コールドボルト(移動速度低下)→フローズンスネア(移動停止)→アシッドスワンプ(移動速度低下)
用途:ル―フフォールが使えないとき用の足止め。難点は、ナイトメアなどの足止めが持続ダメージで敗れてしまうので足止めの延長は期待できないこと。

動画2、足止め連携②

③スノ―スライドぶっぱなし
用途:大量のリンクによって、もうやるしかない!とき用。ぶっぱなして、リロードすればリンクが切れるので一応あり・・・かな。



~おススメオプション装備~

魔力or迅速 装備

魔力装備によって回復スキルの回復量、攻撃スキルのダメージが上昇します。

迅速装備では、回復スキルの詠唱速度が上がるので、その名の通り迅速な回復が行えるようになります。また、足止め関係の詠唱も早くなるので便利です。

※コネタ
回復スキルにはクリティカルなどが発生しないので、洞察や一撃装備はあまり意味をなしません。回復能力を上げるには、「一回の回復量を上昇させる」=「魔力の上昇」か、「回復回数を増やす」=「回復スキルの詠唱速度上昇」の2つのアプローチをするしかないのです。


~おススメソウルストーン~
①体力+知力
知力によって、魔力、最大MP量が上昇します。MP回復能力は最大MP量が関係しているので、MP回復能力も増え一石二鳥どころではなく、一石三鳥ぐらいの価値があります。
体力を増やすのは、タフさの増強のためです。回復役が倒れることでPT全体の崩壊に繋がる危険性が高まります。それを防ぐために術者でもタフである必要性があるからです。


②体力+知力+精神
Ver①と違い、精神石をいくつか入れたスタイルです。
メイジは回復と、足止めのサポートを求められるので足止めを命中させるために、魔法命中増加の精神石を入れるのです。


詠唱速度増加の石も面白いですが、基本的には上の2つのパターンで揃えるのが盤石だと思われます。

クレリック コメント: 0 トラックバック: 0

アサシン ~お勧めのソウルストーン~

2012-09-17

ギルド内で、アサシンのソウルストーン構成について聞かれることがあったので、こちらに載せておきます。


ソロ狩り主体、表PT主体、裏PT主体といった風にプレイスタイルによって様々な構成があるので、大雑把に分けると


・ソロ狩り、表PT主体
基本構成:体力石+力石
サブ構成:力石のいくつかを精神石に

アサシンはHP、防御力に難があるので体力石によるHP、防御力の上昇がとても大きな恩恵となります。
また、単純に力石による攻撃力の上昇、バッグの最大重量増加がソロ、PTともに役立つのです。

精神石を入れる理由は、mobからのデバフ(恐怖や、移動速度減少など)を受けることを少なくするのと同時に
アサシンからの失明などのデバフを与えやすくするためです。

精神の上昇による恩恵については知らない方が多いですが、
①魔法命中上昇
②魔法抵抗上昇
③MP回復力上昇
④魔法防御上昇

の4つの要素にかかわってきます。魔法命中と、魔法抵抗がデバフを与える、受けるにかかわってくる要素となります。



・裏PT主体
基本構成:体力石+移動速度石
サブ構成:移動速度石のいくつかを精神石に

裏PTでは、基本的にアサシンは裏釣りを引き受けることとなります。その際にHP、防御力、移動速度があることで死亡率低下につながるので重要です。

精神石は、敵からの恐怖を喰らうなどして、他のグループを引っかけて壊滅、といった事態になることを防ぐ目的でいくつか入れる場合があります。

移動速度は裏ダンジョンへのキ―モンスターを探す際にも役立ちますので、その点でも恩恵が大きいです。



その他にも攻撃速度特化にする際に攻撃速度石を使ったりする場合がありますが、スタンダードなものは上に記したとおりです。プレイしていく中で、これが重要だ!と思ったステータスを場面に合わせて調節するといいでしょう。


余談ですが、一定の武器、防具で基本的なステータスを備えて、指輪やアクセサリーの変更によって、火力参加、釣り仕様、デバフ対策を用いると経済的に楽な部分が多いので、おススメです

アサシン コメント: 0 トラックバック: 0

ファイター 紹介

2012-09-17

ファイターは、全て職業の内もっともHPアップ能力、盾を用いた防御能力、ヘイトアップスキルに秀でた職業です。


PTでは、その堅牢さ、ヘイトの高めやすさからタンク、壁といった役割を任されることになります。

壁は敵の攻撃をその身に集めて、全てのダメージを背負う役割です。

ですので、ダメージを受けてもなかなか倒れないタフさ、敵の攻撃を集めることのできるヘイト能力が求められます。


~PTでの原則~
・ヘイトは一気に稼ぐこと
・スキルLvはMP量に見合ったLvで。Lv60ぐらいまでの序盤はLv1がおススメ
・緊急時用のスキルをセットしておくこと。ディフレクティングシールドなどが優秀。あまりにもリンクしすぎた場合に備える


【注意事項】
①MP消費、残量に気をつける
ファイターはMP量がそこまで多くありません。
ですので、スキルを低lvとはいえ連発するとすぐにMPがなくなります。
また、スキルダメージアップスキル「シャイニングクラスタ」などによってスキル攻撃をすることで火力を稼ぐことが出来ます。
お茶、青POTをフル活用しつつ、スキルをより多く使うことが火力とヘイト集めに役立ちます。

②周りをよくみること
敵をなぐりつつ、ヘイトが飛んで他の味方を殴りに行きそうな敵にはあらかじめ、ヘイトアップスキルをつかっておいてヘイトを少し稼いでおきましょう。巡回mobがくることもあるので、通路にも目を向けておくこと。

③共有ヘイトを上手く使う
敵の種族毎に共通する「共有ヘイト」というものがあり、ある種族の敵を攻撃していると、攻撃していない同種族の敵に対してもヘイトを稼ぐことが出来ます。基本的には、姿かたちが似ている敵は共有ヘイトが存在しますが、まれに共有ヘイトを持たない敵もいますので、その場合には個別にヘイトを稼ぎましょう。

共有ヘイト例)イノシシ型の敵Aを攻撃していると、近くにいたイノシシ型の敵Bもこちらに攻撃をし始めた。


④足止めされている敵がいる場合、攻撃順番を考えること
複数の敵がリンクしている際に足止めされている敵を攻撃して起こしてしまうと、自分のHPの負担、回復さんのMPの負担につながります。
他職の足止めはわかりづらいと思いますが、「ナイトメア」、「封印」の2つのアイコンについては覚えておき、その敵は起こさないようにするとよいです。
ただ、足止めの効果時間が切れると共有ヘイトを稼いでない、またはない場合に敵が足止めしたプレイヤーに襲い掛かります。足止めが切れる直前でヘイトを稼ぐようなスキルを使うなどの工夫がいります。




今回は、ファイターが用いる基本的な攻撃戦法「スキルコンボ」について、「通常攻撃のみ」、「スキル連打」といった他の戦法とともに動画で説明していきます。



動画1、ファイター 通常攻撃、スキルコンボ、スキル連打比較

スキルコンボは通常攻撃→スキル→通常攻撃でモーションをキャンセルすることによって、火力の上昇を図っています。


このスキル→通常攻撃でのモーションキャンセルは全職共通で、またペットクリ―チャ―にも適用可能です。


地味ながらも火力のアップにつながるので、ペット職さんでもやってみるとよいでしょう。

ファイター、ナイト コメント: 0 トラックバック: 0

第3回ギルドイベント「逃亡者ゲーム」

2012-09-15

第3回ギルドイベント「逃亡者ゲーム」を2012/09/15(金)に行いました^^

以下ルールなどをギルドHP掲示板より抜粋。自分が書いたやつだから二度書くのは辛い!

「ルール
①移動速度アップアイテム禁止
②騎乗用ペット禁止
③ギルド内メンバーでの情報の共有禁止
④逃亡者の逃げれる範囲は修練の島2ch全体(幽霊船除く)

例外)Lvアップキャンペーンのアイテムが残ってしまっている方。
1分遅れでのスタートでお願いいたします。

一番最初に逃亡者役を見つけた方には賞品を用意しております。

時間によりますが、15分で1ゲーム、計4回ほどを考えています」

そして、結果のほうはというと・・・・

第3回逃亡ゲームの結果は

1回目
鬼役:山茶花・参
発見者;無銘さん

2回目
鬼役:紅はさん
発見者;Drキリコさん

3回目
鬼役:山茶花・参
発見者;紅はさん

4回目
鬼役:紅はさん
発見者:無銘さん

となりました!一回も見つけることが出来んかった・・・島の反対側をうろうろしてましたね'`,、('∀`) '`,、

実はこのネタは昔~昔、あった「ぽっかぽか」というギルドでやったイベントをパクッております。
いや、これ本当に楽しいんですよ!決して手抜きとかじゃないんだからね!

他にも「新キャラ作ってLv20までレース」や「オルニトレース」なんかも考えております~ が!
以外とLv20までがキツイ人もいるでしょうから~ 前者は見送りー 後者が有力なところです

これも実は他ギルドからパク・・・・アイディアの共有です。

これだけたくさんのギルドがあるし、他のギルドさんではどのようなイベントやってるのか、知ってみたいところですね~



そんで、今回の目玉!ほぼ裸装備+クマ頭のムキムキマッチョ
鬼役の際に私がしていた格好です。スイカ頭には及ばないけど、なかなかいいと思うんですよね~
ギルメンにはナルシスト、HENTAIだの言われちゃいましたけど


画像1、左側から見た熊マッチョ Ver哀愁


画像2、右側から見た熊マッチョ Ver 黄昏

ギルドイベント コメント: 0 トラックバック: 0

経験値が増減する秘密

2012-09-14

キャラクターのLv、ペットのLvを上げるのに必要となる経験値。敵を倒す、またはクエストをクリアすることで手に入れることが出来ますが、実は敵を倒した際にもらえる経験値は次の法則から決まっているのです。

以下、「ラペルズWiki」より抜粋

「敵の経験値/JP

フィールドの無印の敵をソロで倒した時に得られる値。
敵のLvが自分と同じかそれより高い場合、Lv差に関わらずこの値を獲得できる。(つまりどれだけ上のLvの敵を倒してもボーナスなどはつかず固定値)
敵のLvが自分のLvよりも低い場合、獲得できる値が1Lv差につき5%ずつ減少する。
つまり20Lv以上低いMOBからは経験値は全く得られない(実際には1Exp、0JPとなる)
ボス・ダンジョンMOBなどはこの表の値に次の倍率をかけた分が得られる。
[+](幽霊船):×1
[*]:×4
(Lv100以下)チャンピオン:EXP×約5.27、JP×約3.025
(Lv100以上)(チャンピオン)[+]:EXP×約5.27、JP×約3.025 ※Lv100以下と変わらない
(Lv100以上)(チャンピオン英雄)[*]:  
[++]:×32.2 (Ep6-3)
[+++]:×9.9 (Ep6-2) ※情報求
[**]:×56.3 (Ep6-2) ※情報求
[??]:×335.1 (Ep6-2) ※情報求
2010/3/30にチャンピオンからの取得経験値に上方修正有
それ以前は約5.04倍なので約5%の上昇率、取得経験値基準だと約20%の上昇。
アカネーム時の取得経験値はそのキャラのインモラル値に応じて、×0.91→×0.82→×0.73→(9%
ずつ減少)→×0.1(最小) と変化する模様。」

とこのようになっています。

またこの要素の他に、変動要素があり、

・上昇要素
①スタミナ量による増加
②「スキル」恩寵による増加

・減少要素
①PTプレイ時、PT内の最高Lvプレイヤーと最低LvプレイヤーのLv差が10~15、または15以上、
かつ最低Lvプレイヤーが自分の場合
②キャラクターよりLvの高いペットを召喚している

上昇要素については、知ってる方は多いと思いますので省略いたします。

減少要素について、
①PTのLv差は15までOKという話がありますが、本体の攻撃が外れてしまい火力参加しづらい面も考えてlv10以内でおさめたほうがいいように思われます。
lv15差以上でPTに参加する場合は一番Lvが低い方に経験値減少効果が降りかかることについて話をしておくべきでしょう。

②キャラクターより1Lvでも高Lvなペットを召喚していると、経験値減少効果が表れるようです。
具体的な数値はわかりませんが、通常の経験値と比べ1/4程度にまで落ちるようです。
Lv差が大きいほど、減少するかはわかっていません。


通常のプレイでは、↑に記した減少要素はあまり関わってこないので気にしないで構わないです。

ラペルズWikiの情報から、あまりにも高lvの敵を倒しても経験値は増えることはほとんどなく、狩れる数を考えますと、±3Lvぐらいの敵を狩ったほうが効率が良いことがわかります。

以上、経験値情報でした。

ラペルズ お役立ち・小ネタ コメント: 2 トラックバック: 0

ボスカード紹介

2012-09-10

装備のうち、「ベルト」にはソウルストーンスロットがない代わりに「カードスロット」と呼ばれるものを持っています。

カードスロットに、「カードステータス:~」といったパッシブスキルを覚えさせたクリーチャーのカードをセットすることでキャラクター本体の特定ステータスを最大30+(6)%まで引き上げることができます。

カードスロットは最大で6スロットまで開放することが出来、ゲーム中のドロップアイテムでは4スロットまで開放することができます。

のこりの、5、6スロット目は課金アイテムでの解放となるので、一般的には4スロット開放をする人が多いです。

そのカードスロットには、クリーチャーカードのほかに「ボスモンスターカード」、通称ボスカードをセットすることができます。


ボスモンスターカードには、クリーチャーカードとは違った特徴があり、
①特定ステータスの上昇が +~ で追加される
②攻撃時 or 被攻撃時 or スロット装備時 に特殊効果を発動する
③ボスカードをドロップするのはボス級モンスターのみ。しかも、極低確率
④装備Lv制限がある

といったものです。

ユニークな効果をもったものが多く、火力が増大したり、相手に持続ダメージを与えたり、あるスキルのLvが上昇したり、攻撃を受けた際に相手に対して恐怖を付与したりetc・・・

私が所持しているカードの中で、攻撃時に発動するものについて、次の動画でご紹介いたします。多分もってるやつの攻撃系は・・全部のはず、はず


動画1、レイモンド


動画2、少女クマ


動画3、タキン


動画4、オシリス


動画5、クレイジーバグ


動画6、タマハカン


ラペルズ お役立ち・小ネタ コメント: 2 トラックバック: 0

ペットのスキルをオート発動、手動で発動

2012-09-10

ペットクリーチャーと共にゲームを楽しめるのが、ラペルズの売りの一つです。

そんな相棒とも呼べるペットのスキルですが、手動で発動させるとどうしても忙しいと思う人も多いでしょう。


今回は、ペットのスキルをオート発動に切り替える方法と、オート発動と手動発動でのメリット、デメリットをご紹介します。


~ペットのスキルをオート発動にする方法~

①ペットのスキルをショートカットのどこでもいいので、ドラッグアンドドロップで登録。

②登録したペットのスキルに矢印を合わせて、右クリック。そうするとスキルの周りがピカピカ光ります。

③その状態のままで、ペットが対象に攻撃するだけ。クールタイムごとにそのスキルを使用するようになります。

④オート発動解除方法はもう一度、右クリックを押すことです。そうすると周りの光が無くなります。


以上でペットのスキルをオート発動に切り替えることができます。実際にどんな様子かは次の動画をご覧ください。


動画1、ペットのスキルをオート発動に切り替える方法



~ペットのスキル、オート発動と手動発動のメリット・デメリット~

『オート発動』
メリット
①キャラの操作に専念しやすくなる。

デメリット
①手動発動より、スキル発動までが遅い。それによる火力差が発生
②相手のHPが少ない状況でも、クールタイムが終わっている状況だとスキルを使ってしまう。MP消費と、クールタイムの無駄が多くなる


『手動発動』
メリット
①発動タイミングを自分で選べるので、MP消費、クールタイムの無駄が少ない。
②すばやく発動できるので、ペットの火力貢献度が高くなる。

デメリット
①操作が本体+ペットとなり、少し忙しくなる。
②ペットのスキルクールタイムを気にすると、眼も忙しい。


ですので、ペット職さんにはペットの火力貢献が大きいのもあるので手動発動がおススメです。

他の職さんでは、必要だと感じた時に手動に慣れていくで構わないと私は考えています。

私自身も、Lv90付近まではオート発動ばかりでした。それ以降はソロやPTで手動発動を組み合わせていかないときついな、と感じたので慣らしていった経緯があります。

全部のスキルをオートにするのではなく、1部のスキルは手動で発動している方もおりますので自分に合った方法を見つけるのがよいでしょう。

ラペルズ 基礎編 初心者さん向け コメント: 0 トラックバック: 0

狩人(偽)紹介

2012-09-10

狩人、長い射程と、高火力を備えた固定砲台のような職業キャラクターです。

実際にどれだけ長い射程なの? どれだけ火力高いの?というのを動画にしてみました。

なぜ(偽)なのかというと、本職の狩人さんには到底およばないし、他にもいいスキルあるよ!と言われても仕方ないのに、この動画には載せていないからです。

高い命中を誇り、外れない高火力、こちらからは届かない射程、アサシンの潜伏を見破る固有スキルなどなどを持っており、アサシンの天敵としても知られています。


動画1、狩人(偽)紹介動画

狩人 コメント: 0 トラックバック: 0

アサシン ~基本連係~ スタンと失明つなぎ

2012-09-10

アサシン、2刀流ですばやく爽快に敵にダメージを与える戦士です。その爽快感たるや、他職では味わえないものがあります。


ただし、難点もいくつかあり、その中でもアサシンを使うプレイヤーにとって重大なのが


防御面が頼りない、ことです。(戦士職にしては脆すぎる)


ですので、それをカバーする工夫をしないと、すぐに死んでしまいます!本当にあっさり死んじゃいます。


ソウルストーンでは体力石を装備にたくさん詰める、
アイテム面ではお肉、赤POTをCT毎にガンガン使うなどの工夫ができますが、

スキル面では、「スタンと失明の連携」がアサシンにとっては重要となります。


そもそも「スタン」、「失明」って何なの?と思われる方もいるかもしれないので概要をいいますと


スタン・・・状態異常の一つ。「全行動不可能」状態になる。

失明・・・・状態異常の一つ。「移動以外の行動が不可能」状態になる。


というものです。これを特定のスキルで敵に対してかけてあげると、敵がこちらを攻撃できない状態に持ち込めます。

ですがスタン、失明ともほんの数秒しかかからないので、それではまだまだ攻撃を受けてしまいます。

だからこそ、次の動画で説明するようなスタンと失明の連携が必要となるのです。


動画1、アサシン基本~スタンと失明の連携~

アサシンで優秀な状態異常付与型スキルは

シャドーラッシュ・・・遠距離専用突進型スキル。2秒ほど高確率でスタンさせる。敵との距離が近いと仕様不可能

ソニッククロス・・・対象を3秒ほど高確率でスタンさせる。近距離~中距離で使用可能。

ブラインドダスト・・・対象を3秒ほど高確率で失明状態にさせる。近距離で使用可能。


~おまけ~


動画2、スリーピングダストと長射程武器

アサシン コメント: 0 トラックバック: 0

Epic8 対人コンテンツの追加

2012-09-07

Epic8の実装を意識して、今回は私が使用しているキャラクター職業の対人戦、シージでの印象や、特徴を書いていこうと思います。

昨日、開発本国である韓国でラペルズEpic8の実装が行われ、日本にも1~2ヶ月後に実装されるのではないかといわれています。

Epic8でのメインコンテンツは「対人戦」の要素追加です。

現在も、シージやデスマッチなどの対人コンテンツはありますが、シージは「やれる人数が限られる」、デスマッチでは「PTでの対人ではないので、仲間との連携じゃなく個人での対人」といった理由があり、あまり対人戦が賑わっていませんでした。

Epic8では、PT同士の対人戦や、拠点防衛のルールもある対人戦などがあり、また気軽にプレイヤーが参加できるようになってるようです。


これからは対人戦が好きで集まる人も多くなっていくと思われますので、今回の記事にしてみようと思いました。


私が使っているキャラクターは「ダークストーカー」、「賢者」、「弓主」の3職業が主ですので、それらについて載せていきます。載せ方は次のような形式で


・キャラクター職業
①分類:前線火力 or 後衛火力 orサポート
②向いているもの:攻め、守り、攻防、特殊
③どんなことがしたい人向けか
④苦手な相手

(1)ダークストーカー(アサシン マスタークラス)
①サポート
②特殊(偵察、奇襲)
③敵を倒すことよりも、敵を出し抜く、味方を支える ようなプレイをしたい人向け
④全職業(特に弓主)

(2)賢者(魔導師 マスタークラス)
①サポート
②守り
③相手を嫌がらせたい、うざがられたい、相手を倒すよりもそういうことに生きがいを見出す人向け。
④弓職、ペット職

(3)弓主(狩人 マスタークラス
①後衛火力
②攻め
③相手の射程距離外から攻撃、撃墜したい!人向け
④前衛職

詳しく書くと長くなりそうなので、こんなところで~

対人コンテンツ コメント: 0 トラックバック: 0

ギルドイベント「逃亡者ゲーム」 第2回

2012-09-06

第2回の「逃亡者ゲーム」を開催いたしました!

私1人が逃げて、他の皆で鬼役!一番に私を見つけた方 or 時間内に見つからなかった私が勝ち!

制限時間は当初15分間だったのですが、あまりにも見つけられなかったので30分に延長しました~

流石は修練島の主、まったく見つからなかったですε- (´ー`*)フッ


残り10分を切り始めたところでヒントを出して言ったところ~、見つかっちゃいました><

優勝は「にゃー」さんでした。お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!


なかなか見つからなかった、自分が隠れていた場所はここでした~ 意外と見つからないのでおススメ!


図1、修練の島、鬼ごっこお勧めスポット


ギルドイベント コメント: 0 トラックバック: 0

裏ダンジョンと裏釣り サンプル

2012-09-06

水晶を含む、高ランクのダンジョンには「隠された○×★」(○×★にはダンジョンの名前)という、隠しダンジョンが存在しています。

これらは通称「裏ダンジョン」と呼ばれ、それ以外を「表ダンジョン」と区別しています。

また、そこで行われるPTのことを「裏PT」と呼びます。


裏ダンジョンの特徴は
①裏ダンジョンに入るためのゲートは、コアラ型のキ―モンスターを倒さなければ開かない。
②基本的に3匹で1グループの敵がうろうろしている。また、3匹をすべて倒してしまうと、10分間沸かない。しかし、1匹でも元の位置に戻ってると 他の2匹を倒した後にすぐに沸く。
③敵の攻撃力が表ダンジョンの数倍。でも、その分経験値は数倍以上。


①をさらに詳しく言うと、コアラ型のキ―モンスターを倒すと開くゲートは10分間しか空いておらず、その後ゲートは消えて別の場所にキ―モンスターが出現する仕組みとなっています。


②の仕様のため、裏PTでは表ダンジョンとは違い「裏釣り」という方法を使って、3匹のグループを枯らさないようにずっと狩り続けます。基本的にアサシンさんが、裏釣りを行うことが多いです。

③の仕様のために、普通のPTでは回復、攻撃、足止めをしっかりしないとサクサク死ぬ可能性が高いです。


これらの特徴のために、裏PTを行う際は

壁さん1名、クレさん2名、呪さん1名、マジさん1名、アサシンさん1名、他火力さん2名

の構成が基本になります。裏PTは経験値がとても魅力的ですが、構成が限られるという欠点があるので注意です。


今回は、「裏釣り」について動画にてご紹介していきます。

アサシンじゃなくても行える裏釣りについても、載せてますので興味を持った方はどうぞ。


動画1、裏ダンジョン&裏釣り



釣り、裏釣り コメント: 0 トラックバック: 0

ラペルズWiki、ヘルプを活用しよう!

2012-09-02

これまで、このブログで書いてきたことのほとんどが実はラペルズWikiに載っています。

このブログで動画に撮って、見やすくしたにすぎません。

ラペルズWikiを見ながらやれば、ラペルズでの疑問のほとんどがわかるといってもいいほどです。


また、意外とみなさんが見ていないのがMENUからご覧になれる「ヘルプ」機能です。


基本的な合成、強化、PT編成の方法、テイミングなどについてはこちらで網羅しており、敵のMAP生息図まで完備しています。


このブログのリンクに、一度みておくといいものをリストアップしておきましたので、是非みてみてください。

リンク一覧概要
「ラペルズWikiダンジョン心得」
・・・現行ラペルズWikiのダンジョンPTにおける、心得が載っています。
持っていくべきアイテムから、マナー、PT募集の方法、PTでの役割についてかなり詳しく載っています。


「旧ラペルズWikiダンジョン案内」
・・・旧ラペルズWikiのダンジョン地図や、狩り場のデータページです。
旧とはいえ、その内容は現行のダンジョンそのままで、役立ちます。

「ラペルズWiki」
・・・現行のラペルズWikiです。職業データ、ペットデータなどが豊富にそろっています。


ラペルズ 基礎編 初心者さん向け コメント: 0 トラックバック: 0

詠唱キャンセル釣り

2012-09-02

PTにおいては、「釣り役」が必要となる場合があります。

釣り役とは、PTの集まっている場所に敵を誘導する役目のことをさします。

基本的にはどの職業でも出来ることですので、釣り役が求められる場面では率先して参加してみましょう。

敵を釣れてくるだけでしょ? と思いがちですが、敵をたくさん連れてきてしまうとPTが崩壊する危険がありますし、少なすぎるとPTをせっかく行っているのに、敵を攻撃していない空白の時間が多くなってしまいます。

釣りさん次第でPTの経験値が変わってくるといっても過言ではないのです。


ここでは、細かい釣りの順番などには触れずに釣りの代表的な方法について動画で説明していきます。

代表的な釣り方、その2つとしてあげられるのが

・詠唱キャンセル釣り

・チップ釣り

の2つです。


動画1、詠唱キャンセル釣りとチップ釣り

動画で誤字があったのには、気付きましたが修正がめんどくさいので・・・・このままいきます!

釣り、裏釣り コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。