サイトバナー

プロフィール

山茶花

Author:山茶花
FC2ブログへようこそ!
MMORPG「ラペルズ」をプレイしている山茶花と言います^^
元GrandChariotのメンバー
現在は「始まりのギルド」のギルドマスターをさせていただいております

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ~

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

山茶花

Author:山茶花
FC2ブログへようこそ!
MMORPG「ラペルズ」をプレイしている山茶花と言います^^
元GrandChariotのメンバー
現在は「始まりのギルド」のギルドマスターをさせていただいております

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ~

合計訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

スキル連携の組み立て指針、それをやるための準備

2012-10-16

一昨日、iPhoneをお風呂場に持っていく際に、専用ケースではなくZipRockに入れて入浴していると妹から衝撃の告白がありました

それを聞いた父親が「おまえ、頭いいな!天才だな!!」と言ったことに、私はもうついていけそうにありません・・・


どうも、こんにちわ


さて、今回はスキルの連携の組み立て指針と、その準備についてです


連携を組み立て指針は使うスキルの用途にもよりますが、スキル全般に言えることは


①スキルのCTが短いものを起点とすること

②デバフは上書き可能な、または別種の効果をもたらす構成にすること
(例 スタン➔スタン△ スタン➔失明○)

③硬直の長いスキルを最後に持ってくること

④スキル一つ一つの性能を最大限に引き出すための構成とすること
(例 スタン効果時間がまだあるのに失明をかぶせる、ホールド中に移動速度低下をかぶせる とかはもったいない!)

⑤効果時間の長さでCTを消化でき、そのスキル連携が循環するよう目指して構想すること


の5つです。


さて、用途や職業によってスキル連携の狙いが違いますのでそれについて書きますと


(Ⅰ)壁職さん
用途・・・・
スキル連携によりヘイトを一気に稼いで、ターゲット固定を目指します

実際に行うこと・・・
CTの短いもの、同じものでいくつかの組み合わせを2~3パターンほど作り、それをローテーションで使いまわしながらヘイトを稼いでいきます

相手の攻撃力を減少するもの、防御力を減少するものは連携の前のほうに配置して、それより後のスキルダメージ増加、被ダメージ減少に役立てます

湧いた敵の横流れを防ぐために、中距離攻撃スキル、中距離スタンスキルなどを温存しておくようにしておきます

ファイター、ナイトの連携(今後、編集予定)

重戦士の連携


(Ⅱ)火力職さん
用途・・・
被ダメージをより下げるように、より安全な狩り、PTを目指して火力を調節しながら立ちまわります

実際にやること・・・
失明、スタンなどの被ダメージ軽減連携と、緊急時の際への対処法として、範囲足止めや高火力殲滅連携などを1つは持っておきます


CTの短いスキル、また常にCTごとに使っていくスキルについて把握しておきます


スキルLvによってはCTが短くなったり、効果時間が延びるものも多いです それらについて知るようにします


なんでもかんでもスキル最大Lv使用はMPがまわらなくなる&ヘイトを稼ぐ可能性が高いです 必要でない限りは「使ってはいけない連携」もあることを考えておきます


失明やスタン連携も、効果時間の短いものを連携の最初に持って置き、スタン→失明といったように異なるデバフにつなげます


スキルの効果を生かすためにスキルの効果時間を見ながら、次のスキルの発動までの時間をギリギリで合わせます


緊急時用の切り札スキルについては、温存を忘れないようにします

アサシン、ダークストーカーの連携(今後、追加編集予定)

狩人、弓主の連携(今後、追加編集予定)


(Ⅲ)回復職さん
用途・・・
高速な回復、また敵へのデバフによる補助です


実際にやること・・・
回復スキルは、多くないですが 場合に応じてスキルLvが低いものと高いもの、すぐに切り替えれるようにショートカットに登録しておきます

ラピッドヒーリングというクレリックの回復スキルには、スキルLvが上がるとCTが延びるという特性があります それを知った上でスキルLvを選択していきます (Epic8において修正予定とのこと、要チェック)


持続回復系統スキルは持続回復時に回復ヘイトを稼がない、操作いらずで回復してくれたりと便利です
その特性を有効活用します。壁職さんに対して持続回復を切らさないようにします


回復の合間に有用なデバフ、アシッドスプレー、ランドスピア、アイススピアなどを積極的に使っていくようにします


クレリック、メイジの連携



(Ⅳ)足止め職さん
用途・・・
相手の阻害、徹底的な妨害を目的とします

実際にやること・・・
足止めスキルの使用順番をはっきりさせます CTの時間が短いものから使うようにすると上手くまわりやすいです


どういった時にリンクするか、足止めまでの時間を稼ぐにはどうすればよいか 敵の射程、動きについて知っていきます

足止めの効果をよく知ることです
攻撃をすると解除されるタイプなのか、解除されないタイプなのか 
また持続ダメージを追加で付加するので他の足止め職さんが足止めをつなげるとき繋ぎやすいか、などです

自分の職だけでなく、他の職の方が持っている足止めスキルについても積極的に知ろうとしましょう


呪術士、魔導師、賢者の連携



~まとめ~
・まずその職のスキルについて、よく知りましょう
・その上で、用途に合ったスキル連携を組み始めましょう
・連携を組む際には、CT、スキルLv、硬直などに注目しましょう
スポンサーサイト

ラペルズ 基礎編 初心者さん向け コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://samidarenohibi.blog.fc2.com/tb.php/60-4645013c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。